イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

「食部門」オープニングシンポジウム(奈良ひとまち大学特別授業)

仲川市長のあいさつからスタート

■実施日時:平成28年4月23日(土)
■時間:10:30〜(開場10:00)
■会場:春日大社 感謝・共生の館
■参加者:100人

 

【実施プログラム】

第1部:シンポジウム
・春日大社・花山院宮司による講話
・トークセッション(花山院宮司・奈良大学上野教授・食部門ディレクター船越氏)
第2部:春日大社本殿参拝、竃殿・酒殿の見学
第3部:試食(愛敬祝儀膳(ういきょうしゅうぎぜん)、春日餺飥(はくたく)うどん、大和茶)

 

東アジア文化都市2016奈良市の基幹事業である「食部門」の開会を記念し、奈良ひとまち大学とコラボレーションしたオープニングシンポジウムを開催。
シンポジウムでは春日大社・花山院宮司、奈良大学上野教授、食部門ディレクター船越氏を招き現代に残る奈良の食文化について話し合って頂きました。
第2部は春日大社の本殿参拝と食にまつわる建物である竃殿(へついどの)・酒殿(さかどの)などを見学し、第3部では饗膳(きょうぜん)の一つでもある愛敬祝儀膳、うどんのルーツと言われる春日餺飥うどん、香り高い大和茶を味わいながらその意味や背景に触れるなど、奈良の食の歴史を五感で体感するプログラムを実施しました。

  • 食部門ディレクター船越雅代氏
    食部門ディレクター船越雅代氏
  • 熱心に語る花山院宮司と上野教授
    熱心に語る花山院宮司と上野教授
  • 美味しくいただきました
    美味しくいただきました
  • 神職のお話しに聞きいる参加者
    神職のお話しに聞きいる参加者

 

【動画】