イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

清酒の発祥の地で、日本の酒を知る(奈良ひとまち大学特別授業)

大原住職(左)と山中氏(右)による授業風景

■実施日時:平成28年5月29日(日)
■時間:14:10~16:20
■会場:正暦寺(奈良市菩提山町157)
■講師:大原 弘信(正暦寺 住職)、山中 信介(奈良酒専門店 なら泉勇斎 店主)
■参加:18人 ※市民公募

 

【実施プログラム】

日本清酒発祥の地=正暦寺で、日本の酒の歴史や魅力を学ぶ

 

奈良ひとまち大学とのコラボレーションVol.2は、「日本清酒発祥之地」と呼ばれている正暦寺において、住職の大原弘信氏と奈良酒専門店なら泉勇斎店主の山中信介氏を講師にお迎えして開催。
正暦寺が日本の清酒造りの原点と言われている理由と、室町時代中期に確立された、すべての清酒造りのルーツといえる仕込み方法である「菩提酛」(ぼだいもと)復活への道のりなどを聴講。
その後の「菩提酛清酒」の試飲など、五感を研ぎ澄ます学びの場となりました。

  • 熱心に聴講する参加者
    熱心に聴講する参加者
  • 清酒の発祥の地、正暦寺内を散策
    清酒の発祥の地、正暦寺内を散策
  • 残された文献なども拝見し、その歴史も学びました
    残された文献なども拝見し、その歴史も学びました
  • その歴史がうかがえる、正暦寺の装飾
    その歴史がうかがえる、正暦寺の装飾
  • 正暦寺の境内にある清酒発祥之地の石碑
    正暦寺の境内にある清酒発祥之地の石碑
  • 聴講後の「菩提酛清酒」試飲
    聴講後の「菩提酛清酒」試飲
  • 住職の解説を聞きながらの試飲
    住職の解説を聞きながらの試飲
  • 今回はこの中から4種類を試飲。
    今回はこの中から4種類を試飲。