イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

大和文華館 特別展「呉越国-西湖(せいこ)に育まれた文化の精粋-」

期間: 2016年10月08日(土) ~ 2016年11月13日(日)

このイベントは終了いたしました

 

goetsukoku1113_02

呉越国(907~978年)は十世紀に中国の江南に位置し、資源に恵まれた豊かな土地を持ち、高い文化が発展していました。越窯青磁や金銀器など美術・工芸において高い技術を持ち、その一方で仏教を篤く信奉し、国中に数多くの寺院や仏塔が建てられたといわれます。また海港都市として、海外である日本や朝鮮半島の高麗、中国地方の遼などと仏教を介した交流が行われ、東アジアにおける文化交流に大きな役割を果たしました。建国から北栄に降るまでのわずか約七十年の間に輝きを放ち、消えていった呉越国の文化を仏教美術や工芸品を通して浮き彫りにします。
なお、展示品の多くが日本初公開となります。

展示場所:大和文華館 展示場
展示期間:10月8日(土)から11月13日(日)まで
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
休館日:毎週月曜日(ただし、10月10日(月)は開館し、翌11日(火)が休館)
入館料:一般930円、高校・大学生720円、小学・中学生 無料
(20名以上の団体は相当料金の2割引、及び引率者1名無料)

 

イベント
『シンポジウム』
10月8日(土)午前11時~午後4時30分・講堂
テーマ「呉越国文化の位置づけ」

 

『講演会』
10月30日(日)午後2時・講堂
「呉越国の絵画と日本」
神戸大学大学院人文学研究科准教授 増記隆介氏

 

『日曜美術講座』
11月6日(日)午後2時・講堂
「杭州を中心にみる呉越国文化の魅力」
大和文華館学芸部係長 瀧朝子

 

『列品解説』
毎週土曜日午後2時から 大和文華館学芸部による

 

共催:毎日新聞社
後援:株式会社きんでん、奈良交通株式会社
主催:公益財団法人 大和文華館

URL:http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/

チラシのダウンロードはこちら