イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

青少年交流事業「大学生による書の交流」

 

日中韓共同常用八百漢字表から一文字を選んで揮毫

■実施日時:平成28年5月24日(火)~25日(水)
■会場:奈良県文化会館
■参加者:33人

 

【実施プログラム】

 

交流事業の一環として、「東アジア文化都市2016」パートナー都市である寧波市(中国)と済州特別自治道(韓国)の大学生が来寧し、奈良の伝統工芸である墨づくりや筆づくりを体験。
その後、奈良教育大学の学生たちと協力しながら書の作品を制作するなど交流を図りました。
「日中韓共通文化『漢字』から読み取るそれぞれの文化」をテーマに、3か国の共通漢字をまとめた「日中韓共同常用八百漢字表」から学生たちが好きな一文字を選んで書いた作品や、東アジアの共通文化である木簡を使った作品など各国の文化を体現した書作品を制作。
学生らが制作した作品は「日中韓大学生の書展」として5月26日から29日まで奈良県文化会館展示室で展示しました。

  • 天平衣装を着て木簡の書体をイメージして墨書
    天平衣装を着て木簡の書体をイメージして墨書
  • 各国の指導者による巨大筆パフォーマンス
    躍各国の指導者による巨大筆パフォーマンス
  • 3か国の学生が協力してメッセージ書を作成
    3か国の学生が協力してメッセージ書を作成
  • 3か国の学生全員で記念撮影
    3か国の学生全員で記念撮影
  • 完成したメッセージ書
    完成したメッセージ書

【動画】