イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

「済州国際管楽祭」に参加しました

  


musicfestival-01

実施日時:平成28年8月11日(木)~13日(土)
開催場所:天地淵滝(チョンジヨンたき)の野外ステージ公演

韓国・済州特別自治道で毎年開催されている済州国際管楽祭へ公募で選ばれた奈良県立高円高校吹奏楽部金管ブラスアンサンブル『音楽上等』(女子9人)が参加し、「東アジア文化都市3都市交流の合同演奏会」にも奈良市代表として出演しました。

済州国際管楽祭について
済州の自然豊かな場所で吹奏楽を楽しむことを目的に1995年から開催しており、2000年からはアンサンブルフェスティバルに加え、国際金管コンペティション部門を開始、世界中から若手で才能あふれる木簡・金管演奏家を育成することに努めている。今年は8月8日~16日に開催し、高円高等学校はそのうち8月11日~13日の3日間、4ステージに出演しました。

参加者
高円高等学校音楽科長・吹奏楽部顧問(指揮者) 石光 雅至 氏
高円高等学校吹奏楽部高円金管合奏団「音楽上等」のメンバー9名

主な活動内容

8月11日(木)18:00~18:30

天地淵滝(チョンジヨンたき)の野外ステージ公演「東アジア文化都市3都市交流の合同演奏会」
主なプログラム:てぃーちてぃーる~沖縄民謡による~となりのトトロセレクション、情熱大陸、上を向いて歩こう、赤とんぼ

8月12日(金)15:00~15:30

済州文芸会館での公演
主なプログラム:キャッツアイ、となりのトトロセレクション、情熱大陸、上を向いて歩こう、赤とんぼ


  • 公演後、交流したブラスバンドメンバーとの集合写真や交流の様子

  • 塔同海辺公園(タップトンうみべこうえん)でのコンサート観覧

8月13日(土)20:00~22:00

ハモ体育公園での公演や、「東アジア文化都市3都市交流の合同演奏会」
合同曲:アリランと赤とんぼ、ジャスミン、ほか


  • 済州音楽祭への出演団体の表彰式

参加者の感想

──他国の素晴らしいプレイヤーの音が間近で聞くことができてよかった。(3年女子)
──日本・奈良と韓国・済州は似ていると感じました。観光名所が豊富なところや歴史が深く多くの逸話が残っているところなど、とても親近感を感じました。(3年女子)
──言葉がうまくできなくても、相手の表情などで伝えたいことが分かることがすごいと思いました。(3年女子)
──他国の人との演奏会は初めてで緊張していたけれど、言葉が通じなくても、お互いの音楽に触れるだけで、仲よくなれたり、尊敬しあえたりして、改めて、音楽の偉大さを感じることができた。(3年女子)
──今まで日本の吹奏楽や演奏しか聞いたことがなかったので、韓国や中国、シンガポールのみなさんの演奏を聴くことができて、とても勉強になった。(3年女子)