イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

企画連携事業 日中韓Musicフェスタin春日野音楽祭

期間: 2016年09月18日(日) ~ 2016年09月19日(月)

このイベントは終了いたしました

 

kasuganofes0918_01春日野音楽祭は、公募による市民ステージや参加型大合奏、アーティストによる奉納演奏企画といった様々な音楽プログラムを、春日大社を基点とした奈良市内を会場として開催する市民参加型の野外音楽祭です。
会場構成は、春日大社本殿からJR奈良駅へと繋がる参道及び三条通を中軸線として、「まちなか ステージ 」「登大路メイン会場」「飛火野スペシャルテージ 」の3つのゾーンで展開します。
シルクロードを渡って大陸の文化が渡ってきた、その終着点とも言えるこの通りを軸にした、奈良の歴史と都市景観を再認識できるスケールの大きなエリアで、古から現在に至るまで地域と市民が共に受け継いできた文化の多様性を表現するため、その象徴としての「音楽」を中心に据えた新たな市民参加型の奉祝行事として開催いたします。

日時:9月18日(日)~19日(月・祝) 11:00~17:30
※奈良のうまいもんマルシェ 10:30~17:00

会場:春日大社境内・奈良駅から三条通りを中心とする ならまち及び奈良公園

入場料:無料(一部有料イベントあり)

「日中韓Musicフェスタin春日野音楽祭」プログラム
9月18日(日)
14:30~15:00  寧波市民族音楽楽団による伝統音楽の演奏
姑蘇行(横笛独奏)、刺繍された巾着(二胡と琵琶の重奏曲)、江南風韻(民楽合奏)、江南好(民楽合奏)、秦風(二胡独奏)

15:00~15:30
日中韓3重奏 【演奏者:日本・小川祥子、中国・シ カキョウ、韓国・キム シオン】
日中デュオ:白鳥
日韓デュオ:ベートーヴェン ソナタ5番1楽章
日中韓三重奏:愛の挨拶

15:30~15:50
パンソリ・民謡 【演奏者:ヤン ジウン】
離於島サナ、オドルトギ、イヤホンタリョン 他3曲

15:50~16:10
ヴァイオリンソロ演奏 【演奏者:キム シオン】
ハンガリー舞曲第5番-J.Brahms、美しきローズマリン-F.Kreisler、Over The Rainbow(映画オズの魔法使いOST)、Por Una Cabeza(映画女性の香りOST)、 Song From A Secret Garden- Secret garden

16:10~16:30
チェロソロ演奏 【演奏者:シ カキョウ】
タイスの瞑想曲 (ジュール・マスネ)、コンチェルト・ポロネーズ Op.14(ポッパー)、S.バッハの前奏曲第1番による瞑想曲(シャルル・グノー)
伴奏:小川 祥子

9月19日(月・祝)
14:30~15:00
寧波市民族音楽楽団による伝統音楽の演奏
18日と同じ

15:00~15:20
パンソリ・民謡 【演奏者:ヤン ジウン】
ヨモギの茎頭、船を出せ(ペッティウォラ)、珍道アリラン 他3曲

15:20~15:40
ヴァイオリンソロ演奏 【演奏者:キム シオン】
Fly me to the moon – Bart Howard、氷の池(宮Goong OST)、Habanera(オペラCarmenのうち’恋は野の鳥’)、<タイス>の瞑想曲-J.E.F.Messenet、チャルダッシュ-V.Momti

15:40~16:00
チェロソロ演奏 【演奏者:シ カキョウ】
18日と同じ
伴奏:榊原 明子(ピアニスト・作曲家)

16:00~16:20
寧波市民族音楽楽団による伝統音楽の演奏
彝族の舞曲、山村の小景、京調

kasuganofes0918_02

【出演者プロフィール】

・寧波市民族音楽楽団
寧波市民族音楽楽団は2002年に設立。寧波市演芸グループのプロ奏者からなる、中国江南地方の色彩を帯びた楽団であり、優れた業績を上げたアーティストを数多く擁している。
寧波市民族音楽楽団の多種多彩な形式での演奏や歌には、「馬灯調」「天一閣印象」のような民族の情緒や豊かな地方色を帯びた作品がある。また、浙江省の地方劇である越劇(紹興の地方劇)、甬劇(寧波の地方劇)の要素を備えたオリジナル作品「穆桂英挂帥」「寧波巧匠郎」なども演じる。設立以来、楽団は数度にわたってフランス、ドイツ、ロシア、アメリカ、スウェーデン、サウジアラビア、日本、台湾、香港など数十の国家また地域を演奏旅行している。

・史可鏡(シ カキョウ)<チェロ>
幼少からチェロを学び始め、山西省交響楽団団長で、チェロ首席奏者の朱建安に師事した後、天津音楽学院の黄小龍教授に師事。2003年、ドイツのロストック音楽・演劇大学(Hochschule für Musik und Theater Rostock)の入試に合格、デンマークを代表するチェリストであるGert von Bülowに師事。その後、ベルリンに赴き、ハンス・アイスラー音楽大学の教授、元ベルリンオペラ劇場のチェロ首席奏者であるジョセフ・シュワブの門下に入り、さらにチェロに磨きをかける。2015年、大学院を卒業。同年ドイツのフランクフルト国立管弦楽団で実習。在学中、学校及び一般公演に何度も参加。2016年、寧波交響楽団に入団、現在寧波交響楽団チェリスト。

・ヤン ジウン <パンソリ・民謡>
延世(ヨンセ)大学音楽教育大学院在学中
2008年  羅州 全国国楽競演大会で大賞
2012年  木浦儒達国楽大祭典 一般部大賞
2014年  無形文化財第29-5号パンソリ興甫歌の履修者選定
2016年  第30回 全国市道 シルム大会祝賀公演

・キム シオン <ヴァイオリン>
済州CTS基督放送オーケストラ団員
済州プライムフィルハーモニックオーケストラ団員
2009年 国立済州大学人文大学音楽学科首席入学
2012年 国立済州大学オーケストラ楽長歴任
2014年 オーストリアウィーン国立音楽大学マスタークラス修了
ハンガリーデブレツェン国立音楽大学マスタークラス修了

・小川 祥子 <ピアノ>
奈良市立一条高校出身。大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。在学時よりソロだけでなく合唱、声楽、器楽の伴奏者として学内外の演奏会に出演。また、同大学学生オペラ「魔弾の射手」「魔笛」では稽古ピアニストとして制作に参加。奈良をはじめ近畿を中心に演奏活動を行っている。ピアノを永井譲、横井政子の各氏に師事。木津川市音楽芸術協会会員。

・榊原 明子 <ピアノ>
奈良生まれ奈良育ち。3歳より音感教育を受け、6歳よりピアノを始める。
神戸大学発達科学部人間行動・表現学科にて音楽を専攻、芸術や心理学も学ぶ。
心に浮かぶ情景を描いた自作のピアノ・ソロを中心に、日本伝統音楽とのコラボレーションや即興演奏を得意とする異色のピアニスト・作曲家として活動。ウクライナでのソロ公演、NHK阪神淡路大震災特番「震災15年」のメインテーマの共作・演奏、野球評論家の桑田真澄氏のピアノ演奏が流れるJUのCMの作曲・演奏指導、三菱一号館美術館のCMの作曲・演奏を担当するなど、海外公演やCM音楽の作曲・演奏も多数手がけている。2016年に立ち上げた奈良の音・文化を探求する団体「ピアノで奈良を奏でる会」代表。

チラシのダウンロードはこちらpdficon_large

公式サイトhttp://kasuganofes.jp/window01-11