イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

ならまちアートプロジェクト

期間: 2016年09月03日(土) ~ 2016年10月23日(日)

このイベントは終了いたしました

   
 

naramachi02

江戸から明治期の歴史を感じさせる「ならまち」で、アートを鑑賞しながらまちなかを散策できるアートプロジェクトを展開します。
地域の伝承や歴史を活かしたインスタレーションや、ワークショップ等を行います。
 
【参加アーティスト】 岡田一郎、黒田大祐、紫舟、田中望、西尾美也、林和音、宮永愛子

 

  • 北風呂町の倉庫 宮永愛子

    北風呂町の倉庫 宮永愛子

    北風呂町に残る大正時代から昭和半ばまで続いた染物屋の倉庫。染めた反物や糸を乾かすために、常に風が通るように工夫された壁は見事な蔦に覆われ、一見の価値があります。
  • 東城戸町会所(大国主命神社) 黒田大祐

    東城戸町会所(大国主命神社) 黒田大祐

    東城戸町の集会所として使用されるこの場所には、町で守る大国主命神社が祀られています。椿井小学校の前身の一つとして使われたともいわれる建物を中心に作品を展示します。
  • 鎮宅霊符神社 公納堂町の路地奥 西尾美也

    鎮宅霊符神社 西尾美也

    かつて多くの陰陽師が居住していたとされる陰陽町にある神社で、江戸時代に幕府から暦の出版を許された陰陽師(暦氏)によって守られてきました。坂道の頂上にあり、暦に欠かせない北極星を正面に見ることができる場所とも言われています。
  • 奈良オリエント館 田中望

    奈良オリエント館 田中望

    奈良の魅力を発信する場所で現代演劇を上演することで、奈良の貴重な歴史・文化遺産や古代都城文化を有する国際交流都市奈良への理解向上を図ります。
  • 奈良町にぎわいの家 岡田一郎 林和音

    奈良町にぎわいの家 岡田一郎 林和音

    大正6年(1917年)に古物商によって建てられた町家で、茶室や15帖もある広い座敷、金箔の貼られた仏間のほか、襖絵や装飾など、その空間構成や意匠に所有者の嗜好が感じられます。現在は、二十四節気をテーマに節季を感じる町家の良さや生活文化を発信する空間として奈良町のにぎわいの場になっています。作品は会場全体に展示します。
  • 鎮宅霊符神社 公納堂町の路地奥 西尾美也

    公納堂町の路地奥 西尾美也

    江戸時代から昭和初年まで呉服商が営まれていた跡地で、現在は格子戸の奥に続く路地の西側に町家を改修した店舗が並んでいます。奥行の深い奈良町の敷地らしく、路地の最奥には蔵が残る広い空間があります。この空間を使い、ワークショップや作品制作、展示を行います。
  • 今西家書院/紫舟

    今西家書院 紫舟

    今西家の書院の間は、室町時代における初期の書院造りの遺構として重要文化財に指定されています。元は興福寺大乗院の坊官を務めた福智院氏の居宅を、大正時代に清酒醸造元の今西家が譲り受けました。作品は、書院の間を中心に庭の一部も含めた展示となります。(要見学料)