イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

東アジア文化都市2016寧波市 クロージングイベント


   
 


ningbo_closing-01

■実施日時:平成28年12月7日(水)
■実施場所:寧波シャングリラホテル、慶安会館北側緑地、寧波文化広場大劇院

 

【実施プログラム】

中国・寧波市にて「東アジア文化都市2016寧波市」クロージングイベントが開催されました。
寧波シャングリラホテルに日中韓の東アジア文化都市の9都市が集結した「東アジア文化都市ラウンドテーブル」では、東アジア文化都市事業がいかに都市の発展を促したか、今後の都市間交流、連携をどのように強化していくかについて討論がなされ、「寧波提議」が承認されました。
奈良市では、「古都奈良から多様性のアジアへ」をテーマに事業を実施、日本の伝統を象徴する奈良の八社寺での現代アートの展示、奈良時代の都跡である平城宮跡での野外舞台公演などの「東アジア文化都市2016奈良市」のコア期間「古都祝奈良(ことほぐなら)-時空を超えたアートの祭典」を通じ、伝統の礎の上に新たな挑戦をするまちであることを印象づけ、奈良の持つ<場の力>を広く発信できたことを語りました。
討論の最後には、“東アジア文化都市”のブランド波及効果の拡大と強化、文化交流による都市発展の促進を目的としたプラットフォーム形成についても意見交換がなされました。
 
その後、慶安会館北側緑地に移動し、「東アジア文化都市友好碑除幕式」が執り行われました。相互交流の促進、更なる都市の発展を祈念し、日中韓三か国の友好交流の証として友好碑に各国の東アジア文化都市の名前が刻まれました。
 
続いて、文化広場大劇院では「東アジア文化都市2016寧波市」閉幕式が開催されました。2016年東アジア文化都市の3都市が、今回の事業がそれぞれの都市や対外的に与えた影響、今後の都市間交流への希望と決意を述べ、丁偉中国文化部副部長により閉幕宣言がなされ「東アジア文化都市2016寧波市」は盛大に幕を閉じました。
 
式典に引き続き行われた文化芸術公演では、雑技団やバレエなどの多様なプログラムが行われるなか、“奈良市役所チーム「八重櫻」with 伊東ゆり”が『さくらがさね・百櫻繚乱』を演じ、会場を華やかに彩りました。


  • 東アジア文化都市ラウンドテーブル会議

  • 各都市代表による意見交換

  • 東アジア文化都市友好碑除幕式

  • 各国の東アジア文化都市の名が刻まれた

  • 東アジア文化都市2016寧波市閉幕式

  • 奈良市の実行委員会事務局長による挨拶

  • 寧波市演芸集団による『緑意江南』

  • 奈良市役所チーム「八重櫻」with 伊藤ゆりによる演舞

  • 中国雑技団による『躍動―麦わら帽子』

  • 済州道立舞踏団によるダンス『歓喜』

  • 寧波市演芸集団による『普世梵音』

  • 遼寧バレエ団等による『梁祝』

  • 海曙区文化館によるダンス『おばちゃん合唱団』

  • 寧波市児童合唱団による『友情』

  • エピローグ、合唱『友情は永遠に』