イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

なら100年会館/万葉オペラ・ラボ

期間: 2016年10月01日(土) ~ 2016年10月02日(日)

このイベントは終了いたしました

 
 

spac
オペラ「遣唐使」 撮影:阿部稔哉

2016年・・・阿倍仲麻呂が唐に渡り、1300年。今ぞ語らん、遣唐使たちの友情物語!

奈良の芸術・文化・歴史の魅力を探求し、発信する『万葉オペラ・ラボ』による新作公演。2004年に中国・西安で偶然発見された墓誌は、史料にその名前を留めない無名の遣唐使の名前を明らかにしました。墓誌とは、墓に死骸とともに納められる小さな石の板のこと。中国名・井真成(せいしんせい)、日本名・葛井真成(ふじいのまなり)の墓誌は、1人の無名の遣唐使の人生を物語るものです。玄宗皇帝の寵愛を受け、唐の国の大臣となった阿倍仲麻呂、二度の渡唐を経て日本の大臣となった吉備真備、36歳の若さで唐で病死した無名の遣唐使、葛井真成の友情物語を大友直人のタクトで奈良市民も参加し、上演します。
遣唐使として生きることを自らに問いかける歌々と、日本の尺八と筝、中国の二胡、韓国のヘグムの音色が、東アジアの人々の心を繋ぎます。

 

manyoopera_otomo manyoopera_mihara manyoopera_kobayashi manyoopera_hamahata manyoopera_ueno
大友直人(指揮) 三原剛(玄宗皇帝の侍医 小林沙羅(大和郎女) 浜畑賢吉(演出) 上野誠(原作・脚本)
万葉オペラ・ラボ
タイトル 遣唐使物語 ―名も無き民へのオマージュ―
公演日時 10月1日(土)・2日(日)
両日ともに午後1時30開場、午後2時開演
会場 なら100年会館 大ホール
スタッフ 作曲/中村透、原作・脚本/上野誠、演出/浜畑賢吉、衣装/山口千代子、舞台美術/村田宗一郎、演出助手/河田早紀
出演者 阿倍仲麻呂/日和充(10/1)、平欣史(10/2)
吉備真備/福井雅志(10/1)、山下哲弘(10/2)
葛井真成(井真成)/中島康博
山上憶良/田代恭也(10/1)、佐藤彰宏(10/2)
首皇太子(おびとのみこ)(のちの聖武天皇)/秋本靖仁
玄宗皇帝の侍医/三原剛
大和郎女(侍女 葛井真成の恋人)/小林沙羅
うつせみ願人(がんにん)(10/2のみ)/金春康之(シテ方金春流能楽師)
民衆/万葉オペラ・ラボフレンズ、万葉オペラ・ラボキッズ、万葉オペラ・京都ラボ 等
演奏 指揮/大友直人、筝/菊央雄司、尺八/松本太郎、二胡/鳴尾牧子、ヘグム/李美香
大阪芸術大学管弦楽団
プロフィール 万葉オペラ・ラボ
オペラの研鑽を積みながら奈良の芸術・文化・歴史の魅力を探求し、発信する事業として2011年の春に、なら100年会館が中心となって運営委員会が発足し、活動をスタート。
市民による合唱団「万葉オペラ・ラボフレンズ」、オペラのソリストを目指して専門的に学ぶ学生や若手演奏家による「万葉オペラ・ラボスタジオ」、そしてなら100年会館こどもコーラス教室の子どもたちによる「万葉オペラ・ラボキッズ」で構成され、活動を続けています。
オフィシャルサイト http://www.nara100.com/opera/opera.html window01-11

 
 
≪チケット情報≫残りわずか!
入場料:特別席:10,000円、SS席:8,000円、S席:6,000円、A席:4,000円、B席:3,000円
※全席指定(税込)、当日500円増。未就学児入場不可。
 
【残席情報】
10月1日(土)  特別席   残席わずか
         SS席   残席わずか
         A席    売り切れ
 
10月2日(日)  特別席   残席わずか
         SS席   残席わずか
         S席    残席わずか
         A席    残席わずか
 
発売日:発売中
発売場所:なら100年会館 window01-11学園前ホール window01-11北部会館市民文化ホール window01-11
ローソンチケット window01-11(L:57322)、チケットぴあ window01-11(P:296-864)
お問合せ:なら100年会館
電話:0742-34-0111